フリーランスエンジニアの一年目の苦労

フリーランス活動を始めたエンジニアの一年目は、なにかと苦労が多い。まずは取引先を確保する苦労である。一年目の時点では知名度や実績がほとんどない状態であるため、仕事相手の確保は喫緊の問題となる。フリーランス活動の初期における仕事相手は、独立前に勤めていた企業であったり、独立前の取引先になる場合が多いようである。

逆にいえば、独立前の勤務状況が独立後に大きく影響するのである。取引先を増やすには自分のウェブサイトを開設してアピールすることも大切であるが、やはりクチコミによる依頼も多い。勉強会などを通じて知り合ったエンジニアたちとのコミュニケーションも重要になる。別の苦労としては、会計処理に関する知識や実践もあげられる。会社員ではないため、仕事の契約や料金の請求、経費の管理など、お金についての管理を基本的に自分で行わなければいけない。エンジニアとしての技術には自信がある者も、管理業務には経験が少なく悩むこともめずらしくない。可能であれば独立前に初歩的な知識を学習しておくのが望ましいが、学習が不十分だとしても会計ソフトを活用すれば負担を軽くすることはできる。

確定申告などの重要な手続きで困らないように、相談できる税理士や会計士を見つけておくことも大切である。一年目の時点では、直接の仕事と管理業務を両立させるのは負担が重いと感じるかもしれない。しかし、経験豊富なフリーランスは必ず通った道なのである。1年目だからこそ感じる不安や問題への対処法は、こちらの独立初期応援サイトを見てみると参考になるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です